お酒を飲む人は肝臓に良いサプリメントがおすすめ

未分類
Pocket

お酒を頻繁に飲む人は、肝臓の機能が低下しやすく、肝臓の病気になやりすい傾向があります。このことは、特にお酒好きの人は気になるところではないでしょうか。

知ってはいても、気にしてはいても、会社の付き合いだから、お酒が好きだからなど、お酒を飲まないようにするのは難しいものです。

なぜ肝臓のケアが大事なのか

肝臓は他の臓器に比べて、病気のサインが症状として現れにくい臓器です。つまり、自分でも病気に気づきにくいということです。自覚症状がないまま見過ごして悪くなるまで放置してしまうという事になります。

そして、気づいた時にはかなり病気が悪化している場合が多いのです。

肝臓がんや肝硬変、脂肪肝などのとても厄介な病気になってしまう臓器でもあるので注意が必要です。

肝臓の働きはアルコールの分解だけではありません。解毒作用や血液の浄化、栄養素の貯蔵供給などの働きがあり、大変重要な役割りを持っている大切な臓器になります。

ですから、日頃のケアが特に大事なのです。

肝臓の病気は、長年の蓄積から

肝臓の病気は、いわゆる生活習慣の乱れ(食生活の乱れや運動不足)も原因になります。

しかし、アルコール性の肝障害は、長年の多量の飲酒で障害を受け続けて炎症がひどくなり、肝機能が低下するもので、肝硬変にも繋がります。

これまでのアルコールの摂取で痛んできた肝臓が、これからもアルコールの摂取量に比例してどんどん障害を受けていく、ということも、理解しておきたいところです。

どうやってケアするか

肝臓のケアについて手っ取り早い方法は、運動不足にならないようにすること、食べすぎ飲み過ぎはやめること、になります。

そう簡単には言っても、改めて運動の機会をつくることや、食生活を改善することは、なかなか実行するのが難しいですよね。

せめてお酒が好きな人は、大切な肝臓を守るために、アルコールを摂取しない日を設けて、肝臓を休める努力をすることが理想的ですが。いわゆる休肝日です。

運動や食事などを意識しても生活習慣を改善するのが難しい場合や、お酒の頻度を減らせない場合には、より直接的な対策方法もあります。

それがサプリメントです。

おすすめサプリメント

主にしじみに含まれているオルニチンという成分を摂取できるサプリメントは、お酒を飲む人には特におすすめの商品です。ビタミンやタウリンなどの栄養素も、肝臓の機能を回復させる効果が期待できます。

食事だけでは、肝臓機能を助ける栄養素の摂取量に不安があるという人は、サプリメントを使うといいでしょう。アルコール摂取によって負担のかかっている肝臓の働きをサポートするために、サプリメントを使うのは、手軽でいい方法です。

タイトルとURLをコピーしました