ビタミン欠乏症が気になる?そんな時にもサプリメント!

未分類

あなたはビタミンを正しく摂取出来ていますか?

人体は様々なビタミンを消費しながら機能しています。

ビタミンが不足すると、さまざまな不具合が発生します。

体がだるい、疲れが取れない、怪我が治りにくい……

ビタミン不足が原因の不具合は「ビタミン欠乏症」と呼ばれています。

ビタミン欠乏症にサプリメント

サプリメントで体に必要なビタミンを補うことで、ビタミン欠乏症への対策が可能になります。

ビタミンは水溶性脂溶性の2種類が存在します。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンです。

ビタミンCやビタミンB群が主な水溶性ビタミンで、水洗いや加熱で損なわれてしまいます。

そのため、水分を閉じ込める蒸し物や炒めもの、流出したビタミンを飲んで摂取できる汁物が向いています。

また、過剰に摂取しても尿から排泄されるので比較的安全です。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは主にビタミンA、D、E、Kのことを指します。

水洗いや加熱に強く、油で炒めたり揚げたりすると油に溶け出します。

その性質上、油と一緒に摂取すると吸収率が高まります。

一方で水溶性ビタミンのように尿で排泄されないため、過剰摂取すると人体に影響を及ぼすことがあります。

どちらも同じビタミンですが、摂取する際に効率のいい方法は変わってきます。

ビタミンの摂取経路

ビタミンは野菜や果物、味噌や魚などにも含まれています。

しかしカップ麺やジャンクフードといった、現代人の乱れた食事では不足することがあります。

ビタミンは、特別に高い食品や手に入りにくい食品に含まれている栄養素ではなく、普段の食事の中で摂ることは可能です。

しかし、ビタミン摂取量を満たす献立を考えるのも、献立通りに食事を作るのも忙しい現代人には中々できることではありません。

適切に食事を摂ることができず、ビタミン欠乏症を引き起こすことがあります。

ビタミンが欠乏するとどうなるの?

潜在性ビタミン欠乏症は、ビタミンが不足した時に生じる、ビタミン不足の一歩手前の状態になります。

  • 疲れやすい
  • だるい
  • 食欲がわかない

これらビタミン不足の症状が出ても、ビタミンが足りないせいだと気付かない人もいます。

対策をとらずに放置していると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になってしまうこともあります。

脚気」や「壊血病」は歴史的に有名なビタミン欠乏症です。

前者は心不全や神経障害、後者は歯茎からの出血や貧血を引き起こします。

現代ではそこまでの栄養失調を起こすことは珍しいですが、気をつけるに越したことはありません。

サプリメントからビタミン補給

サプリメントを用いることで、食事だけでは不足しているビタミンを補うことができます。

ビタミン欠乏症かな?と思ったときに手っ取り早く栄養を摂取できるのが「マルチビタミン&ミネラル」のサプリメントです。

マルチビタミン&ミネラルサプリメントにはビタミンはもちろんのこと、ミネラルなどがバランスよく配合されているので、誰でも簡単に十分な栄養を摂取することができます。

ビタミン不足が気になったら、サプリメントを試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました