桑の葉の糖尿病サプリメント

未分類

桑の葉は、古くから漢方薬として使われてきました。

今も様々な健康効果から、健康食品やサプリメントとしても多く使われています。

桑の葉茶はもともと、糖尿病に効果があるとして有名です。

桑の葉の成分 DNJ

DNJ(デオキシノジリマイシン)という成分が桑の葉には含まれていますが、これが糖の吸収を穏やかにします

炭水化物は小腸では二糖類の状態で存在していますが、吸収される時は単糖類です。二糖類から単糖類になる早さがDNJによって落ちることで、小腸からの糖の吸収がゆっくりになるという仕組みです。

また、インスリンの分泌を抑える効果もあることが分かっています。

サプリメントで摂取しやすく

DNJは、桑に特徴的な物質で、桑以外の身近な園芸作物にはない成分です。
なので、食品から取るのは難しいのですが、桑の葉のDNJを抽出したサプリメントを、糖尿病対策に用いるという人もいます。

桑の葉サプリメントを使うことで食後の血糖値の抑制作用や、中性脂肪を下げる効果、コレステロールを調整する作用などが期待できます。

それ以外にも、桑の葉に含まれている栄養素には、ビタミン、マグネシウム、ミネラル、食物繊維、各種のフラボノイドなどがあります。

これらには、便秘改善やダイエット効果もあります。

いつものお茶を桑の葉茶にするとか、複数の桑の葉茶を実際に飲んでみて、好みのブレンドのお茶を選ぶというやり方もいいかもしれません。

でも、桑の葉は人によっては苦手と感じる風味があるため、飲み続けることが難しい場合があります。

サプリメントであれば、風味はごくわずかです。

効果的な使い方

効率的にサプリメントを使うなら、糖尿病用の桑の葉サプリメントは、食前に飲むよう心がけましょう。

糖尿病の治療よりは、糖尿病予備群の人の方が効果が期待しやすいともいいます。

糖尿病が心配な方は、予防のためにも飲んでみるといいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました